女子力アップ

大好きなカレと喧嘩をしても、別れずに済むための方法を探す

お互いそっぽを向く男女

大好きな彼氏とケンカをしてしまった。

こういう時に「私は悪くない」「彼が頑固なのが悪い」「アイツが話を聞かないからケンカがこじれる」などという頑固な姿勢をとってしまうと、せっかくのカレを失ってしまいかねません。

大好きなカレとケンカをしても、できるだけ上手に仲直りをしたいもの。

それでは、モテ女子らしいケンカの修復方法とはどんなものがあるのでしょうか?

■そもそも、「ケンカするほど仲がいい」ってホント?

ケンカをまったくしないカップルもいれば、よく口喧嘩をしているカップルもいます。 どちらがいいというわけではありません。

ケンカもせずにいつも仲良しのカップルもいれば、ケンカばかりしていてもすぐに仲直りするさっぱりした恋人たちもいます。反対に、ケンカばかりをしていて、周囲すらいやな気持ちにさせるカップルもいますよね。

要は「ケンカをするカップルのほうがいい」「ケンカをしないカップルのほうが優れている」というわけではありません。

我慢をするなら、その不満を彼にぶつけたほうが交際にストレスを感じなくて済むということです。

スポンサーリンク

ストレスがない、まったく問題がないカップルならわざわざケンカをふっかける必要はありません。

ただ、彼に直してほしいところがある、言いたいことがあるという場合には、思いきってケンカしてみるのも手段のひとつなのです。 そうすることで、2人の仲が深まるとも言えるでしょう。

■ケンカのコツは「じっくり話をする」こと

ケンカは、殴り合いや罵り合いをする行為ではありません。 じっくり話し合って、お互いの気持ちを交換することが大事なのです。

相手を傷付けるためでなく、分かり合うためにケンカをしましょう。 大事なのは、自分の意見だけを言うのではなく、相手の言い分もしっかり聞くことです。

そうすることで、相手の価値観をより理解することができるでしょう。

しかし、男性は気まずくなると、その話題を避けようとしたり、あなたを無視したりするかもしれません。

女性はケンカをする時に話し合いたいと思い、その姿勢を露わにすることが多いようですが、男性は距離を置くことでまず冷静になりたい、自分に有利に物事を進めるにはどうしたらいいか考えたい、もしくはもうそのことを考えたくないから放っておいてほしいという態度をとるようです。

こういう時にも、男性に無理やり自分の言うことを聞かせないようにしましょう。

■彼と上手にケンカをするには

ここからは、パートナーとの上手なケンカの仕方について紹介していきましょう。

・感情的にならないこと
ケンカになると、女性は感情的になり、男性は理屈っぽくなると言われています。 なるべく彼に対しての感情は抑えて、より具体的に「どうしたらいいのか」「何をすればいいのか」を話し合いましょう。

そして、お互いの気持ちを冷静に処理していきましょう。

・いい女は、彼を立てる
彼を言い負かして精神的な優位に立ったところで、相手があなたの思い通りに行動してくれる可能性は限りなくゼロです。 できるなら自分から彼に歩み寄ることも大事です。

謝ることができたら、自分から「ごめんね」と言ったほうが彼も謝りやすいかも。

・不満は溜めこみすぎない
彼に対しても不満を溜めこみすぎてしまうと、感情が爆発してしまうかも。 信頼感に溢れる関係を築きたいのなら、お互いの不満はこまめに表に出しましょう。

ただし、ワガママをぶつけるのと関係を改善させるためにこうしてほしいと主張するのは雲泥の差です。 あくまで「一緒に解決しようね」という姿勢を見せるのが大事です。

・彼の主張を決めつけない
「あなたっていつもそう」「そういうことばかり言うのね!」などと、彼の態度や主張を決めつけるのはいけないことです。

そういう言葉を彼にぶつけると、相手のマイマス感情を煽ってしまうことでしょう。 彼がもし変わろうとしていたら?彼の本意が違うところにあったら?

もしかしたら、ケンカ別れしてしまう原因になってしまうかもしれません。

・仲直りにはスキンシップを
ケンカをして結論が出たと思ったら、彼に寄り添ってスキンシップするのも大事です。 ケンカをした後に「あーあ、疲れた!」「毎回こうなるんだから!」などと彼に嫌味を言うのはよくないことです。

できれば、関係をよりよくできるように、彼に優しく振る舞いましょう。

・あまりに怒っている時には、いったん距離を置くことも必要
頭に血が上っている時には、まずは落ち着くことも大事です。 イライラしている時にケンカをしても、あまりいい結果にはなりません。ちょっとお互い落ち着こう、と距離を置くことも大事です。

・メールでのケンカは要注意
メールだと言葉がストレートになりがちです。 自分が言いたいことと違う意図が彼に伝わる可能性も否定できません。

メールでやりとりをしてケンカになった時には、まずは「会って話し合おう」と改めることも大事と言えるでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ