女子力アップ

モテ男を落とすための、6つのテクニック

モテ彼を落とすテクニック

人気者で、どんな女性にも優しく、スマートで、女性にモテ慣れている男性を落とすのは、やはり大変なものです。もちろん、地味だけれど素敵な男性もたくさんいますし、そういう男性を落とすのが簡単だ、ということではありません。

ですが、モテモテの人気者を彼氏にする場合には、「好きになってもらう」ための努力以上に、他のライバルを押しのけてまで「お前のことが好きだ!」と言われるための努力をしなければいけないのです。

どう彼にアピールをしていいのかわからない。そういう女性もいるでしょう。

モテる男性を落とすためには、まずは自分がとってきたアピール方法を見直してみるべきでしょう。

いろいろとアピールをしてきているのに、彼にあまり響いているような感じがしない。手応えがない、という場合には、彼はあなたの気持ちに気が付いているのに、付き合いたくない理由が存在すると言るでしょう。

もしかしたら、彼に好きな相手や恋人がいるのかもしれませんし、あなたのことを「友達にはいいけど、彼女にするには物足りない」と思っているのかもしれません。

アピールを始めてから時間が経過していればいるほど、彼と付き合うことは困難だと言ます。

ですが、こういう男性とお付き合いする方法がまったくないかと言えば、そういうわけでもありません。彼に対して、正しいアピールをしていけば、彼の恋愛心理に響き、意識してもらえるようになるでしょう。

それにはどういう方法があるのでしょうか。

外見を磨く

当たり前ですが、男性は見た目がより美しい女性のほうが好きなもの。

好きなタイプの女性にこだわりがあり、「モデルのような女性よりも、ちょっとぽっちゃりしているくらいの女の子が好き」「ゆるふわ系の女の子よりも、ショートカットでボーイッシュなサバサバ系の女子が好き」「ぱっちり二重より、切れ長の一重瞼の女性に見つめられるとドキドキする」という“誤差”はあるかもしれません。

ですが、「ブスであればあるほど、俺は好き」という男性はいないのです。洋服のセンスを磨き、流行のファッションを身につける。太っているのならば、体を引き締める。

すっぴんはやめて、ナチュラルメイクをしてみる。

「ありのままの私を受け入れて」と言うのならば、中身を磨く努力をするべき。自分のことを好きになってくれる可能性を増やしたいのならば、外見を磨いておいて損はありません

彼に「好き」アピールをしすぎない

人は、追いかけられるよりも追いかける恋愛のほうを好みます。

特にモテ慣れている男性は、女性に追いかけられることに慣れているもの。

あなたの気持ちが相手に伝わってしまうと、彼の気持ちが冷めてしまう可能性もあります。

彼に対して、「好き。愛してる。彼女にして!」とすべてをさらけだすよりも、「この子は俺のことを好きなのかな?それとも、俺の勘違い?」というモヤモヤを感じさせながら、その気持ちを恋愛に発展させていくようにしなければいけないのです。

スポンサーリンク

彼の『賞賛者』になる

男性とデートをしていても、自分の話ばかりをして、その中身を共感してもらいたがる女性は少なくありません。

しかし、男性からしてみるとこういったデートは非常につまらなく感じるもの。自分に面白い話を聞かせてくれる女性よりは、自分の話を「面白いね」「すごいね」と賞賛してくれる女性のほうが好ましく感じるのです。

彼の価値観、思考、センスを褒めてあげましょう。ただし、何でもないことを「あなたってすごい」「あなたが正しい」とヨイショし続けると、さすがに彼も見抜きます。

彼の話のポイントを押さえておくことが大切です。

特に、彼が喜びそうなことを褒めるのです。仕事に打ち込んでいるならばその姿勢を、趣味を充実させているならばその魅力を、ファッションやインテリアが好きならばそのセンスを褒めてあげましょう。

彼のプライドを傷つけない

男性のプライドを傷つける女性は、意外と少なくありません。

「あなたの仕事、収入が低すぎるんじゃない」「その洋服、ちょっとダサイかも」「この車、カッコ悪くない?もっといい車に乗れば?」「未だに漫画とかアニメに夢中なの?ちょっと子供っぽくない?」など、彼のことを思いやっているつもりで、文句をつけているのです。

こういう言葉は、彼らのプライドをいたく傷つけます

こういうことを指摘しても、恋愛には何もプラスにはなりません

むしろ、彼が劣等感のある部分を認めてあげるような発言をするべきでしょう。私はあなたの味方だよ、ということを伝えてあげるのです。

もしもどうしても直して欲しいところがあるのならば、彼の性格を見極めましょう。さりげなく伝えてあげるのか、ハッキリ言ったほうがいいと思ってくれるタイプなのか。

それとも、ちょっぴり褒めつつも「こっちのほうがあなたに合うんじゃない」と誘導してあげるのが一番マッチしているのか。

とにかく、彼のプライドを傷つけても何もいいことはありません。

「男性心理」を知って、中身を磨く

女性磨きをする場はたくさんありますが、これがなかなか難しいもの。

男性にとって「こういう女性が好き」というポイントと、女性が自分磨きで勉強するポイントがずれていることがあるからです。

料理教室に通っているからと言って、高級レストランで出てくるようなコース料理しか作れないようでは男性の心を捕まえておけないでしょう。

ボランティアをやっている女性は素敵ですが、男性の恋愛心理に訴えかけるかと言うとそうとは限りません。

茶道や生花、書道はどうでしょうか?モデルのようにウォーキングがキレイ、テーブルマナーがしっかりしていることが魅力にうつるでしょうか?

それよりも、コミュニケーション能力を磨くことが大切です。男性心理を知り、彼のワガママや個性を許容してあげることが大事になってくるでしょう。

駆け引きができる女になる

いわゆる「待つ女」は、男性にとっては魅力がありません。

また、恋愛経験が豊富な女性よりはあまり付き合ったことのない女性のほうがいいという男性もいますが、今までまったく男性と触れ合ったことがない、話をするのにもガチガチに緊張していて一緒にいても盛り上がらない女の子のことを選ぶことは、滅多にありません。

一緒にいて楽しい女性になる。そして、一緒にいるとドキドキさせてくれるような女性になるべきでしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ