女子力アップ

合コンで気になる人にモテる席はどこ?

合コンでは隣の席に座る

近くに座れば座るほど、人は仲良くなりやすい

気になっている人がいるけれども、なかなか仲良くなれない。

そういう人にまずアドバイスしたいのが「まずは、頑張ってその人に近付きなさい」ということです。近付けば近付くほど、人は仲良くなりやすいものです。

学生時代の入学式やオリエンテーションの時に、あえて「あの人は私と性格が合いそう。だから友達になろう」と、相手を選んで仲良くなる人は少数派と言えるでしょう。やはり、最初に仲良くなるのは『席が近い人』です。つまり、初対面同志である場合に、席が近ければ近いほど親しくなりやすいという傾向があるのです。

つまり、合コンでも、好みの男性が座っている席の隣を狙えばより親しくなりやすいという暗黙のルールがあると言えるでしょう。「あの人、カッコイイな」なんて人を見つけたら、積極的に席を移動して話しかけてみると仲良くなりやすいと言えるのです。

もちろん、隣の席に座っただけで仲良くなれれば簡単ですが、そうもうまくはいきません。学生時代でもそうです。最初隣同士で仲良くなったとしても、途中から仲良しの対象が「同じ趣味の人」「好きなアーティストが同じ人」「考え方や思考が似ている人」にシフトしていくことがほとんどです。

つまり、導入で仲良くなっても、なにか共通点がなければ関係を持続していくのは珍しいと言えるのです。たまたま仲良くなった関係よりも、共通点を見つけた者同士のほうが、その関係性を長続きさせられると言えるでしょう。

合コンでも、隣同士になれば最初は仲良くなれますが、好きなものや興味の対象がかけ離れていたりするようでは、だんだんと会話も盛り下がっていくことでしょう。そのためには、気になる人と近くに座って会話を始めたら、漫然と話をしていくだけではなく、相手と自分の共通点を探していくことが大切になってくるでしょう。

「好きな食べ物」「よく行く場所」「よく身につけるブランド」「好きな本やアーティスト」など、共通点は何でも構いません。「それ、私も好き!」と言われると、男性も嬉しいもの。積極的に会話の糸口を探していきましょう。

仲良くなりたいのならば、「L字型」の席を選んで座ろう

仲良くなるにはお互いにどのような席を選んで座るのかも大切です。

これは合コンだけではなく、デートでも応用できる恋愛心理です。

スポンサーリンク

女性のなかには、男性の正面に座りたいという人もいます。「自分の横顔はあまり見せたくない、正面の顔が一番好き」「さりげなく胸元を露出できそう」など、その理由にはさまざまなものがあるようです。ですが、正面を向いて座ると、テーブルを挟んだ分だけ二人の間には距離が生まれてしまいます。

お互いの視線が合いやすいのも、人によっては気になる問題になってくるでしょう。男性慣れしていない人は、向かいから見つめられると、なかなか相手の目を見返すことができなくなってしまうかもしれません。

女性が緊張しているうちに、釣られて男性もドギマギ。だんだんと口数が少なくなって、ついには沈黙が訪れる……なんてことになりかねません。こういうデートは、お互いに気疲れしてしまいます。

では、男性の横にあえて座ればいいのでしょうか。横に座ることで、「ちょっとトイレ」と席を立つ時にはさりげなく腕や肩、太ももにボディタッチできますから、親密度も増します。お互いに相手との距離が一気に近付くような気にもなるでしょう。ですが、初対面の場合には「近すぎる」と男性に思われてしまうケースもあります。

これは、いわゆる『パーソナルスペース』というものの存在が関係してきています。あまり親しくない人に、近距離に座られてベタベタされると不快に思ってしまう……こういう心理は、男性にも女性にも存在します。

初デートで、お互いまだ緊張しているような関係なのに、女性が男性にグイグイ迫るあまり、隣席に座ってベタベタしてしまうと、次のデートがなくなる可能性が一気に高まるでしょう。

それでは、いったいどのような座り方がカップルに適しているのでしょうか。答えは、斜めに座るという手法です。四角いテーブルであれば、机を挟んで90度斜めの席に座るのがベストとされています。

それくらいの距離感と角度であれば、相手に対してもほどよい距離を保つことができますし、バッチリ目を合わせて話す必要もありません。初対面の男性との合コンや、初デートなどではこれくらいの距離感がちょうどいいでしょう。レストランに「対面式の席」と「L字型になっている席」があったら、L字型の席を選んで座るくらいのほうがいいかもしれません。

また、相手の右側と左側、どちらに座るべきか?という問題もあります。女性のなかには、「彼氏とデートする時には私はいつも左側にいる。じゃないと落ち着かないの」という人もいるようです。ですが、人間は利き手の側に座られると安心するという説があるそうです。

デートをしている男性が右利きならば右側、左利きならば左側に座ってみると、相手も警戒心を抱かないで話をしてくれるという内容です。これくらいのことであれば、気軽にデートでも試せそうですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ