女子力アップ

モテ女に欠かせない「かわいげ」を身につける6つのコツ

かわいげのある女

「かわいげのある女」は、モテます。

これは、まぎれもない事実です。

「かわいげがない」、つまりは頑固だったり、わがままな言動が合ったりするように見えるタイプの女性はモテません。

どうせならばかわいげのある女性を目指していきたいものです。

それでは、どんな女性が「かわいげがある女性」なのでしょうか?

■わがままを言う時もあるが、タイミングを誤らない

わがままは、言うタイミングによって相手からまったく違うとられ方をします。

たとえば、ラブラブなデートの最中に言うわがままならば、彼も「そんなわがままを言うなんてかわいいね」と言ってくれるかもしれません。

ですが、彼が疲れてクタクタの時にわがままを言うと、嫌われてしまう可能性がぐっと上がります。

わがままを言わないほうがいいタイミングも多そうですが、恋愛のスパイスとして考えるくらいにしましょう。

■相手の短所を、上手に誉められる

本当にかわいげのある女性は、自分のかわいらしさを計算したりはしません。

天然の女性が、「私は天然です」と言わないのと同じようなものです。

かわいげのある女性は、他の人の短所をけなしたりはしません。

そういうものに対しても、ポジティブな見方をします。

他人の悪口を言わない女性になりましょう。

■一生懸命になる

いつも一生懸命な人は、ダラダラと毎日を過ごしている人よりもかわいげが生まれやすいとされています。

これは、ちょっとすねたりわがままを言ったりするような時に、ギャップが生まれるからです。

スポンサーリンク

何に関しても、手を抜かずに一生懸命になることで、ギャップが生きてくるのです。

■「私はかわいいのに」と、自分から言わない

「私はかわいいのに、損している」「私はかわいげがあるから、皆から愛されている」と自分から言う人は、本当の意味ではかわいげに欠けています。

いくら外見はかわいくても、そんな打算的な言葉を口にした時点でアウトでしょう。

■自分の感情をストレートに口にしよう

もちろん、悪口をあけすけに言うのではありません。

「このレストランの食事、美味しいね!」「私は店員さんにそういう態度をとるのは、嫌いだな」と、相手を喜ばせたりするため、相手に成長してもらうためにストレートにぶつける言葉は、あなたをかわいらしく見せるはず。

相手に親身になってぶつかりましょう。

■素直になる

頑固になっても何もいい結果は生まれません。

「助けてほしい」「私が悪かった」を素直に言うことも大事です。

その素直さ、反省できる柔軟さが、あなたを魅力的に見せてくれるはず。

このような言葉を口にできる柔軟さが、あなたと他の人との距離を近くしてくれるでしょう。

かわいげのある女性を目指して、上記のことを心がけてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ