女子力アップ

モテる女になる秘訣!不思議とモテる女性のテクニック6選

笑顔の女性

ルックスは普通レベル、スタイルも飛び抜けていいわけでもない。だけど、男性からとってもモテるという女性は、たしかに存在します。

こういう女性たちは、他の女の子たちにとってまさに不思議な存在です。

どうしてあの子がモテるの?そして、何で私がモテないの?

と、疑問に思っている女性もいるかもしれません。

しかし、彼女たちはテクニックを持っているのです。意識的にそのようなテクニックを駆使している女性もいますし、無意識に行っている器用なタイプの女性もいます。

それでは、どうしたらあなたも「モテ女」の仲間入りができるのでしょうか。

男性の言うことに、いちいちリアクションする

これは男性に限らず女性にも言えることですが、やはり自分の話を聞いている時に「すごーい!」「カッコイイ~!」などといちいちリアクションをしてくれる相手は魅力的です。

つまり、相槌を打つのがうまく、聞き上手であるということが重要なのです。

参考記事:「聞き上手の女性」になって、モテる!そのテクニックを学んじゃおう

一見簡単なようですが、これがなかなか難しいもの。というのも、女性は自分の話をしたい、自分の話にリアクションして欲しいと男性につい求めてしまう気質を持っているからです。

オーバーなくらいでちょうどいいでしょう。相手が昇進したり、成功したりしたら「やったね!」「スゴイね!」と褒めてあげる。落ち込んでいるようだったら「あなたも大変なんだね」と慰めてあげる。

モテ女には、臨機応変にリアクションをしていくことが求められるのです。

掃除上手な女になる!

掃除上手と言っても、神経質なまでにありとあらゆるところをピカピカにする、掃除機をかけまくるような女性がモテるというわけではありません。

これは、男性にとって居心地のよい空間を作る女性がモテるということなのです。

もちろん、床はピカピカで全てが整理整頓されている部屋がいいと言う男性ならば、その言葉に合わせることも大切です。ですが、たとえ雑然としていても、つい遊びに来たくなる。

ゴロゴロしながらあなたとお喋りしたくなるような、リラックスできる部屋作りを目指すべきでしょう。

女の子らしい部屋作りはしておくべきですが、「壁紙も家具もピンク色」「全部が花柄」「キャラクターのぬいぐるみだらけ」などの部屋は、男性は引いてしまうかも。

また、“匂い”は人の印象に残りやすいとされています。芳香剤やアロマキャンドルなどを置いて、心からくつろげる部屋作りをしていきましょう。

スポンサーリンク

オープンな女性を目指す!

ちょっぴりミステリアスな女性は、男性から見るとつい守ってあげたくなるもの。ですが、明るく開けっぴろげな性格の女性も、「隠し事をしなさそう」「本音で自分と向きあってくれそう」と好印象を抱かれることが多いようです。

「趣味は何ですか」「うーん、えっと……内緒です」
「休日は何をしているんですか?」「そんなたいしたことはしてないですよ」

という秘密めいた回答ばかりでは、会話も盛り上がりません。

たとえ言えいたくないことを聞かれても、相手に「内緒です」「言えいたくありません」「たいしたことはやっていないので」では、彼もあなたに距離を感じてしまうはずです。

その場を切り抜けられる明るさ・軽やかさを身につけましょう。

いつも笑顔を絶やさない

いつもニコニコしている女性は、やはり魅力的です。

むっつり怒っているような顔の女性、目つきがキツくて威圧感を与えるような女性は、男性から見ても恋愛対象にはしにくいようです。

目が合うとニコッと微笑んでくれる。もしくは、どんなに疲れた時にもニコニコと笑っている。そういう女性は、一緒にいると励まされるような気がするものです。

笑顔がかわいい女の子は、男性からしてみてもルックスは関係なしに魅力的なのです。

甘えたい時に上手に甘える

いつもベタベタして「私のワガママを聞いて~」という甘え方は男性から不人気になりやすいですが、基本的に甘え上手の女性はモテます。

こういう女性は、小さな頼みごとが非常にうまいもの。男性のことを褒めていい気持ちにさせて、気分が乗っている時に彼にお願い事をしたりするのです。

「~しなさいよ!」という命令口調ではなく、「~して欲しいな」と、軽く甘えたような言い方をするのもいいでしょう。また、甘えた後には「いつも優しくしてくれてありがとう」など、感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

駆け引き上手になる

男性にとって、すぐ手に入るような女性はあまり魅力的には映らないようです。

やはり、「手に入りそうで、なかなか手の届かない女性」が、一番気持ちを駆り立てられる存在なのかもしれません。

恋の駆け引きは、何より恋愛を刺激的にしてくれるもの。駆け引きのノウハウを知って、しっかり彼の心を捕まえてしまいましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ