女子力アップ

デートで気を付けたい、彼に嫌われてしまいがちな食事マナー

ピザを食べる女性

彼とのドキドキ食事デート。

でも、もしあなたがマナーを知らなかったら、彼に嫌われてしまうかもしれません。

デートの時に食事のマナーが行き届いていない女性は、モテにくいものです。

それでは、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

■彼とのデートで気を付けるべきこととは?

・タバコを吸わない
相手が喫煙者ならばまだしも、相手がタバコを吸わない方ならばまずは確認してから吸いましょう。 勝手にタバコを吸うのは、相手を驚かせてしまうかもしれません。

また、周囲に迷惑がかかるからレストランでは吸わないほうがいいという意見の人もいるようです。 彼の気持ちを確認してから吸うようにしましょう。

・メニューを選ぶのに時間をかけない
「どれにする?」「これも美味しそう、迷っちゃう!」なんて2人でコソコソ話すのも楽しいですが、あまりに優柔不断な決め方は、彼がイライラしてしまうかも。

迷うのはまだしも、「やっぱりアレも食べたかった」「あっちのメニューのほうが美味しそうだった」なんて選んだ後に文句を言うのは、絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

・箸を汚く使わない
箸の持ち方が悪いと男性からの点数もだいぶ厳しくなるそうです。 お箸の持ち方が悪い人は、男女問わず「この人を親には紹介できない」と思われてしまうそう。

お箸で相手のことを指さすようなしぐさをしたり、食べ物に突き刺したり、箸の先をねぶったり。 こういう態度をしているうちには、モテ女にはなれませんね!

・クチャクチャ音を立てない
おそばならば音を立てて食べたいものですが、パスタをズルズルすすったり、クチャクチャ噛んだりするのは絶対にダメです。 男性のほうが多いとも言われていますが、女性にもいるようです。

食事をする時には、なるべく音がしないように気を付けましょう。

・猫背で食べない
背中を丸めたまま食事をする女性は、やはり美味しく食べているように見えません。 食事中に肘をつくのも同様です。 ですから、背筋はピンと伸ばして、肘はつかずに食事をしましょう。

また、ヒールがきついからといってテーブルの下で靴を脱ぐのもやめましょう。 だらしなく股を開いて食べるのも、あまりいいとはされていません。 男性でも、靴を脱いで食事をしている人はあまり素敵に見えませんよね。

・携帯電話やスマートフォンをいじらない
多くの男性が、「どうして、女の子は食事を撮影するの?」と思っているようです。 カワイイデザートプレートを写真に撮りたがる女の子は可愛くも見えますが、いいお店だと「周囲が見えていない」行動にも思われがち。

せっかくのデートなのに、メールやSNSの更新を行っている女子も嫌われがちです。 あまり電話には触れないようにしたほうがいいでしょうね。

・店員さんへの態度が悪い
店員さんに命令口調で話しかけたり、怒鳴ったりするような態度はあまりよいものとはされていません。 自分を良く見せようとして、他の人を貶めるような言動はよくないでしょう。

店員さんにも敬語を使って、ちゃんとした対応を心がけましょう。

・相手の話を聞かない
相手の話を聞かないで、食べ物に夢中になっているのはさすがにトラブルのもととなりかねません。 ちゃんと相槌を打ちながら食事をしましょう。 食事がメインとならないように、相手の話を親身に聞くことが大事です。

・料理を残す
小食の方は仕方がありませんが、頼んでいた料理を残しすぎるのは男性をがっかりさせるかもしれません。「口に合わなかったのかな」「店が気に入らないかったのかな」などと、相手が後悔してしまうようです。

できれば、食べられる量だけを頼むこと。小食の人はあらかじめカミングアウトしておくことが大事でしょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ