女子力アップ

おうちデートで実践したい、男心を掴むテク

おうちデート

外にお出かけするのとは、また違った魅力があるのが「おうちデート」。 二人で料理をしたり、DVDを見たり、ゴロゴロ過ごすだけでも楽しいものです。 ですが、どうせならばおうちデートでも、彼にとって「魅力的な女の子だな」「カワイイな」と思ってもらいたいもの。

では、どうすればおうちデートで彼に自分の魅力をアピールできるのでしょうか。 今回は、おうちデートの秘訣について迫っていきましょう。

 

■『両手』を使って、彼にアピール

彼に何かを渡したい時に、両手を使って渡すと上品に見えます。 片手で渡すよりも、両手で「ハイ」と差し出したほうがかわいらしく見えるでしょう。

また、飲み物を飲む時に両手をマグカップに添えて飲んでいる様子は、小動物のようなかわいらしさを感じさせてくれるのでオススメです。

ただし、全部を両手でやろうとすると、ちょっと挙動不審になってしまうかも。ポイントだけに絞りましょう。

 

■「いただきます」「ごちそうさま」を言う

おうちごはんをする時って、どうしても無言で食べ始めて、そのまま食事を終えるようなことになりがちです。 しかし、彼からすると料理がテーブルに揃ったところで、そのまま流れでモグモグ・ムシャムシャ無言で食べているようなあなたの姿はショックなもの。彼は引いてしまうかもしれません。

ですから、食事をする前には「いただきます」をちゃんと言いましょう。

また、「ごちそうさま」も忘れないようにしたいところ。 コンビニやお弁当屋で買ってきた惣菜でも、お皿に移し替えるくらいの気遣いがあるとなおいいでしょう。

さらに、マナーにも気を付けたいもの。おかずをお箸に刺したり、お箸の先をペロペロなめたりといったマナー違反がないように気を付けましょう。 そのうえで、「美味しいね」「二人で食べると、楽しいね」という気持ちを伝えることが重要です。

 

スポンサーリンク

■彼にくっつく

これは、おうちデートの醍醐味とも言えるしぐさです。 外では「あんまりベタベタしないで、恥ずかしいから」なんて言うシャイな彼氏でも、家のなかならばイチャイチャすることを許してくれるでしょう。 彼の隣に座って、彼にもたれかかってみましょう。 肩のところに頭が乗っかるくらいがベストポジションかも。

それか、座っている彼に後ろから抱きついて肩から顔を出してみるのもいいでしょう。 背の高い彼ならば、ちょっと上目遣いになったあなたの目線に思わずドギマギしてしまうはず。

 

■彼の話を聞く時には、前のめりがベスト

彼と話をしている時にじゃ、座っていたり寝っ転がっていたりと体勢はそれぞれでしょうが、少なくとも彼の目をきちんと見ておくべきでしょう。 間違っても、背中やお尻を向けたままなんてことはないようにしたいものです。 彼の話を聞く時には、上手にリアクションをとることも重要です。 「へえ、スゴーイ!」「ウソー!」など、相槌を打っていきましょう。 いかにも話に聞き入っているように、前のめりになれれば成功でしょう。 彼の顔を覗き込みながら話を聞いていると、彼も「こいつ、一生懸命に俺の話を聞いてくれてカワイイな」なんて思ってくれそうです。

 

■彼の顔に触れてみるのも効果的

彼の顔に触れられるのは、恋人の特権です。 とびきり甘えてみたい時には、彼のほっぺたを両手ではさんでからかってみたり、大きな声を出す彼の唇を人差し指で押さえて「シー」と言ってみたり。 こういう無邪気なスキンシップには、彼も思わずドキドキしてしまうことでしょう。

 

■喧嘩をした時には言い返さずに、拗ねること

おうちデートでは、ふとしたことで小さな喧嘩になることもあるかもしれません。 そういう時に「どうして私の言いたいことをわかってくれないの!」「あーあ、こんなことになるなら来るんじゃなかった!」なんて怒っていては、あなたの魅力も半減してしまいます。 こういう時には、ちょっと拗ねるくらいで留めておいたほうがかわいらしいものです。 顔をクッションで隠して拗ねる、なんてかわいらしいしぐさもいいですね。 ちなみに、このしぐさは照れている時にも効果的とされています。

 

■帰り際には、最後のダメ押し

帰る時には、思わせぶりな態度はとらずにサッといなくなる、というのも確かにアリかもしれません。 それくらいのほうが、彼も「物足りないな」「もっと一緒にいたいな」と思ってくれるかもしれないからです。 常にベッタリするよりは、彼に寂しさを感じさせてるくらいのほうがいいかもしれません。

また、表情を作っておくことも大事なポイントのひとつです。 「楽しかったね」「また来るね」と言いながら、笑顔を見せる。 ですが、その直後にちょっと寂しそうな顔も同時に見せるのです。 言葉で言うよりも、表情で見せたほうが相手にも伝わるものがあります。 こんなあなたの姿を見たら「もうちょっといてよ」なんて彼も思わず口走ってしまうかも。

 

このように、上手に表情や言動を使い分けて、おうちデートを心ゆくまで楽しんでしまいましょう!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ