女子力アップ

「美人」だと男性と思ってもらうために必要な5つのこと

「生まれつきの美人ってうらやましい」「私もきれいになりたい」と願っている女性に朗報です。

実は、男性は女性の顔立ちをそこまで気にしていません。 鼻の高さや目の大きさなどは、そこまで関係ないのです。 美しく見せるムードを身にまとっていれば、男性もあなたのことを「美人だ!」と思ってくれるのではないでしょうか。

それでは、美人に進化するにはどうすればいいのでしょうか?

美人になるためのコツ

■洋服のデザインにはこだわり、スタイルを良く見せること

スタイルにコンプレックスのある女性も、ない女性も、洋服のデザインにはこだわりましょう。 流行の洋服、好きなデザインを着るのではなく、自分に似合うものを選ぶのも大事です。 この時に、自信のあるパーツは強調して、自信のないパーツは目立たないような洋服を選ぶことも大事です。

また、体のラインがもっさり見える洋服は避けたほうがいいかも。 たとえば、パフスリーブです。ふんわり膨らんだ袖のラインはかわいらしいですが、二の腕の太さを強調してしまいがち。 できればスッキリして見える洋服を選びましょう。

柄物よりも縦のストライプを選んでみたり、首が詰まって見える丸首デザインよりもVネックを選んでみたり、モコモコ素材よりも体にフィットする素材を選んでみたり。 いろんな工夫ができますよ。

 

■ヘアスタイルの維持に、命をかけるべし!

実は、ヘアスタイルのよしあしが女性の第一印象を左右しています。 スッキリとしていて自分に似合う髪型をしている女性のほうが、ボサボサで重たい感じの髪型をしている女性よりははるかに美しく見えるでしょう。

髪型は、ナチュラルさを意識したほうがいいでしょう。ちょっと髪のカラーを明るくするくらいならば問題ないでしょうが、奇抜な髪型はできれば避けたほうがいいかも。

また、清潔感も意識しましょう。ねっとりとした脂が浮いている髪の毛は、男性からしてみても引いてしまうようなものだそうです。

ファッションや自分のスタイルともバランスをとりましょう。 顔の大きさや形などともうまくマッチする髪型を選ぶべきなのです。

スポンサーリンク

 

■メイクにも気合いを入れよう

モテる女性は、基本的にナチュラルメイクです。 盛っていくようなメイクも女性受けはいいかもしれませんが、ゴテゴテした印象を与えてしまう可能性があります。 総合してかわいらしく見えるように、メイクをしていきましょう。 手抜きメイクもついついしてしまいますが、できれば細部こそこだわりを持ちましょう。

アイラインを必要以上に太く長くしてしまったり、リップやグロスがはみ出したりしないように、きれいな鏡を使ってメイクをしていきます。

 

■姿勢はピンと、美しく

歩き方が汚い女性、姿勢が悪い女性は、やはり美人に思われにくいもの。 ガニ股の女の子、猫背の女の子、歩く時にバタバタ大きな音を立てているような女の子も同様です。 背筋が丸まっているような女の子は、たまにはピンと背を伸ばしてみましょう。

胸を張って、背中にも力を入れましょう。また、お尻から太ももにかけても美しく見えるように心がけましょう。

 

■余裕のある女になる

いつもイライラ・ピリピリしている女の子は、心に余裕がありません。 そういう女の子は「美人かもしれないけど、彼女にしたくない」「見ているだけでいい」と倦厭されてしまうでしょう。 心に余裕があり、ポジティブな印象を与えられれば、男性からもモテることになるでしょう。

動きはゆったりとするようにして、せかせか動かないようにしましょう。 優雅な印象を与えられるように気を付けましょう。

また、笑顔も忘れずに。 愛嬌のある女性は、どんな男性からも愛されます。 ストレスフルな生活をしていたり、悩んでいることがあったりした場合には、その心の疲れをゆっくり癒やしてあげましょう。

 

自分の雰囲気を磨き上げ、より柔らかいものにしていけば、あなたも「美人」と呼ばれてしまうかも!?

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ