女子力アップ

「いい匂いがする女の子」を目指して、香水を選ぼう

香水

恋愛において、大事なポイントはいくつもあります。

自分磨きをすることも大事ですが、意外と忘れがちなのが「香り」です。

いい香りがする女性は、やはりモテ力が高いものです。自分だけの香りを見つけて、男性を振り向かせてみましょう。

■香りは恋愛心理を左右する

いい香りは、人間の心をハッピーにします。それだけではありません。

いい香りがする女性は、男性からもポジティブな印象を受けるそうです。

そして、香りは記憶に残ります。顔やスタイルよりも、もしかしたら記憶に残りやすいものかも。

相手をドキドキさせたり、あなたを忘れられなくなったりする効果が望めます。

スポンサーリンク

そして、会っていないのにあなたを思い出す確率もアップするでしょう。

思い出せば思い出すほど、相手への好意も高まっていくと言われています。

■男性をときめかせる匂いとは?

それでは、香水ならば何でもいいのかというと、そういうわけではありません。

甘ったるいスウィートな匂いが好きな人もいますが、反対に大嫌い!という男性もいます。

どんな香りでも、好き嫌いが生まれがちです。

その点はちゃんと意識して、香水を選ぶべきでしょう。

一番無難で、かつ男性へのアピールもできる香りといえば、清潔感のある香りです。

シャンプーやボディソープ、せっけんのような香りは、「お風呂上がり」を連想させるのか、男性をドキッとさせるもの。

また、日常にもよくある匂いですから、それだけあなたのことを思い出してくれる機会も増えそうです。

他に人気が高いのは、フローラル系や柑橘系のようです。

■どんな時に、香りを漂わせるべき?

相手をドキドキさせるには、やはりふわっと香らせることが大事です。

髪の毛をほどいた瞬間や、ふとすれちがった時に香りが漂うのがいいようです。

「相手とすれちがった時に、ちょっと漂うくらい」の匂いを意識しましょう。

■香水をつける時に、気を付けたいこと

まず、いろんな香水を同時に使ったり、匂いが強いボディクリームなどと併用しないことが大事です。

また、汗をかきやすいパーツは避けること。

特に脇の下などにはつけないほうがいいそうです。

ひじの内側につけたり、足首や膝裏、ももなどにつけるのがいいそうです。さらに、肌に汗ばんでいる時にそれをごまかそうとして香水をつけるのもNG。

肌荒れの原因になったり、変な香りがしてしまうかも…?!

■つけすぎには注意!

ただし、どんなにいい匂いであっても、つけすぎてしまうと「クサイ」と思われるもの。

それでは、せっかくデートをする間柄になったとしても効果が狙えません。

あくまで心地いい程度に留めておきましょう。

なお、自分ではちょうどいいくらいかな?と思っていても、相手からすると臭う…ということもあります。

やりすぎないようにしたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ